大豆イソフラボンだけでは意味がない?更年期症状を緩和するサプリメント

45歳以上の女性の多くが悩まされている更年期障害。女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が減少することで起こります。
代表的な更年期障害の症状はホットフラッシュ(のぼせやほてり)、イライラや不安感など。女性の心にも体にも大きな影響を与えます。
症状を緩和させるためには、エストロゲンの代わりに働いてくれる成分を外から補うことが効果的です。
エクオールサプリ 比較
エストロゲンと似た働きをする成分としてよく知れているのが大豆イソフラボンです。しかし、大豆製品やサプリメントなどで大豆イソフラボンを摂取しても、効果を感じられない人がいます。どうしてなのでしょうか?
大豆イソフラボンの一種である「ダイゼイン」は、腸内細菌によって代謝されると「エクオール」という成分に変化します。この「エクオール」という成分がエストロゲンとよく似た働きをするのですが、日本人の半数は体内でエクオールを作ることが出来ないのです。
エクオールが作れない体質の人はサプリメントで直接補うのがおすすめです。エストロゲンと同じ効果を得るためには1日10mgの摂取が必要だと言われています。
今までいくら大豆製品を摂取してもいまいち効果が出なかったという人は、エクオールサプリメントを試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す